PSP PS3 DS 完全活用+α【PSV】 VHBL r141 for Motorstorm Arctic Edge

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
げん玉2

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | 編集 CM(-)

【PSV】 VHBL r141 for Motorstorm Arctic Edge

PSP
 PlayStationVita

Vita Half Byte Loader for Motorstorm Ragin Ice Rev141がリリースされました。MotorstormはPSNから削除されているので所持している人限定です。 げん玉2
ダウンロード・・・Vita Half Byte Loader for Motorstorm Ragin Ice Rev141 
ダウンロード・・・Vita Half Byte Loader for Motorstorm Ragin Ice Rev141 

導入方法
【PS VitaへのHBLインストール/起動方法】
0) 本バージョンのHBLはMotorstorm Ragin Iceという日本版ゲームのexploitを利用しています(海外版はMotorstorm Arctic Edgeです)。
参考URL: http://www.jp.playstation.com/software/title/jp9000npjg00047_00gpcmotorst000001.html
HBLを起動するにはMotorstorm Ragin Iceを購入し、PS Vitaへコピーする必要があります。
現時点ではゲームにexploit回避のためのパッチなどはされていないようですが、必ずしもHBLが起動することを保証するものではありません。仮にVitaでHBLが動作しなかったとしても保証できませんのでゲームの購入は自身の意思で行ってください。

1) Motorstorm Ragin IceをVita本体にコピーした後はVitaのワイヤレス接続をオフにしておくことを*強く*推奨します。PCでは純正のCMA(コンテンツ管理アシスタント for PlayStation)の代わりにOpenCMAを使うようにしてください。exploitを利用する前に強制的にファームウェアをアップグレードされてしまう可能性があるためです。
OpenCMAは
http://wololo.net/downloads/index.php/download/1252
からダウンロードできます。

2) ダウンロードしたHBLのアーカイブをCMAのPSPセーブデータフォルダに解凍します。PC上のフォルダ名はPSSAVEDATA/[ここには多数の文字列lが入ります]です。どこにあるのか分からない場合はCMAの設定を確認してください。

3) CMA経由でPS VitaをPCに接続してください。PS Vitaのコンテンツ管理でPCからVitaへセーブデータがコピーできるはずですが、できなかった場合は解凍したフォルダが間違っている可能性があります。
(注意: 同様の方法でHomebrewもインストールできます。詳細については後述します。)

4) HBLを起動するにはまずPS VitaのLiveAreaからMotorstorm Ragin Iceを起動させてください。ゲームをスタートしたらPROFILE MANAGERという画面が出ますのでメニューにある"LOAD"を選択しHBLに使用するセーブデータを選択し、"Wreckreation > Time Attack"の順で最後に"No"を選択してください。これでHBLが起動します。セーブデータを読み込んだ後"SETUP > PROFILE > SAVE"でも起動します。

【Homebrewのインストール/起動方法】
1) お好みのPSP Homebrewをダウンロードするなどして用意します。ダウンロードする場合は http://wololo.net/downloads などがおすすめです。
2) ダウンロードしたHomehrewを一旦PCで適当な場所へお好みの解凍ユーティリティで解凍したのち、再度圧縮し直します。再圧縮の際は"無圧縮"オプションを選択して保存してください。保存する際のファイル名は"install.zip"にしてください。
3) HBLで使用するゲームとは別のPSPのセーブデータを用意し、Homebrewの入った"install.zip"をそのセーブデータフォルダに入れてPCのCMAで転送します。CMAで転送する場合のセーブデータのフォルダ内のファイル構造は、例えばCMAのPSPセーブデータフォルダが
PSSAVEDATA/1a2b3c4def5678/UCUS12345000/ の場合には、UCUS12345000フォルダ内は以下のファイルで構成されていることになります。
- PIC1.png
- DATA.bin
- PARAMS.SFO
- install.zip

インストール方法は以下です。
1) PCでOpenCMAを起動してからVitaで"コンテンツ管理"を起動してください。
2) Homebrewを"install.zip"としてフォルダに入れたゲームのセーブデータをPS Vitaへコピーします。
3) HBLを起動します。HBLのインストールは"PS VitaへのHBLインストール/起動方法"を参照してください。
4) HBLメニューでセーブデータフォルダを選択して○または×ボタンを押してください。(Homebrewのインストール/起動方法の例の場合はUCUS12345000というフォルダになります)
5) この時点でHBLメニューでHomebrewをインストールするかを尋ねます。インストールする場合にはYesを選択してzip形式のHomebrewを解凍し終わるまでそのままお待ちください。
6) Homebrewインストール終了後、成功すればHomebrew用のサブフォルダ(WMENU_nnnn)が自動生成されGAMEフォルダからHomebrewを起動できるようになります。そのサブフォルダ(WMENU_nnnn)を選択するとHomebrewが起動します。



README/リンネの世界活用術

[ 2012/03/31 14:00 ] PSV | CM(0) | 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Twitter
フォロー募集!!
お勧めサイト
■小遣い稼ぎサイト(登録無料)
-げん玉
PSP自作アプリ
PSP自作アプリ
PSPプラグイン
■ pspのバッテリー消費を抑える
-PSP Power Saver v.0.0.9
■ CFWでサインアップ
-PSNLover Beta v1.1
■ PSPボタン拡張機能
-MacroFire v3.2.4
■ XMB本体情報等
-Mac Address Spoofer v4
-DayViewerForGame v7
-BrightnessFree Ver0.3
-ChangeLog Ver2.3fix
-Time Draw Ver1.2
-GetInfo Ver1.2
■ VIDEO吸い取り
-umd_dump.prx Ver. 1.30
■ FW6.20のゲーム起動
-CFW M33 6.20 Plugin
■ PSPコントロール
-PowerLocker v1.1fix2
-PspPowerController v5.2
■ いつでもシリーズ
-AlwaysUSB Ver1.6 Beta1.2
-Satellite Game Ver6.0
-ptextviewer Ver2.00beta
-SaveDataMge beta Ver0.7fix
-CustomHOME Beta 0.8.1
■ カテゴリー分別
-Game Categories Lite v1.5 Rev3
■ すばやくXMBへ
-FastExitGame 2.4.3
■ 多機能プラグイン
-PSP Stopwatch Ver1.4fix
-XMB Control for 6.XX (FreeCore) Ver1.41
-Count Up Timer Ver1.2
PCソフトベストセラー
PC周辺機器ベストセラー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。