PSP PS3 DS 完全活用+α真・女神転生 IV 電撃オンラインレビュー公開

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
げん玉2

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | 編集 CM(-)

真・女神転生 IV 電撃オンラインレビュー公開

PSP
 真・女神転生 IV

2013年5月23日発売予定の「真・女神転生 IV」のレビューが公開されました。
げん玉2
■エネミーシンボルにビビりまくりのダンジョン探索――カロン様ともすっかり顔馴染み

 今作から敵との遭遇は“シンボルエンカウント”に変わり、Xボタンで繰り出す攻撃をエネミーシンボルに命中させれば、敵全体にダメージを与えつつバトルで先制できます。プレイする前は「攻撃を当てるだけで先制できるなら楽そうだ」などとタカをくくっていたわけですが……。

 エネミーシンボルの移動は結構速く、ちょっとでも壁にぶつかったりすると追いつかれてしまいます。それでも、うまくかわしながら進むことで敵とのバトルを回避できるようになったのはストレスもなくてイイ感じ!

 接触でバトルに突入すると、敵に先制されることがあり、このペナルティが意外なほどにデカくてビックリしました。弱点でもないのに受けるダメージがとにかく強烈で、敵の先制ターンでパーティが壊滅・全滅するケースも珍しくはありません。

 パーティが全滅した場合は、主人公の魂が三途の川辺に送られ、渡し守であるカロンに“マッカ(お金)”かゲームコインを払うことでバトルの直前から再開できます。所持金が足りなくても“ツケ”にして復帰できるのは良心的。

 とまあこんな感じで、初めのころは“敵に先制される→パーティ全滅→カロン様にツケで復活→ツケの完済”という悪循環でしたが、先制を取ることにしだいに慣れてきて武具を買ったり、マッカを交渉材料に悪魔を仲魔にしたりする余裕も出てきました。

 また、今作では戦闘に勝利してもマッカが手に入らず、主な資金源はダンジョンで手に入る“遺物”の売却となっています。

 『メガテン』らしいスリリングなバトルは、健在どころか、よりパワーアップしている印象です。正直、歯ごたえありすぎで度肝を抜かれましたが、難しいと感じたのは単にオレが先制を取るのが下手だから……かもしれません。

 しかし、トータルバランスで考えてみると、エネミーシンボルに攻撃を当てれば先制されない、全滅してもマッカを支払えば再開できる、主人公が戦闘不能になっても仲魔が生き残っていれば全滅にならないといった点で、バトルはこれぐらいスリリングなほうがちょうどいいかと。また、難しいとは言っても決して理不尽ではなく、ちゃんと対策を立てるなり、キャラを鍛えるなりすれば乗り越えられます。むしろ、それでこそやりがいがあるというものです! ただ、それでもスリルがありすぎるという人には、難易度を1ランク下げて“候補生”でプレイするという手もありますのでご安心を。


■革新的なシステム“バロウズアプリ”の魅力に迫る!

 新たに搭載された“バロウズアプリ”は、自分が求める環境を自由に備えたり引き伸ばしたりできる画期的なシステムで、本作のおもしろさを引き出している代表的な要素と言えます。まずは、そのバロウズアプリについて説明しましょう。

 バロウズアプリとは、ガントレットのナビゲーションAI“バロウズ”が管理するシステムの1つです。悪魔合体や会話といったシリーズ伝統のシステムをはじめ、仲魔のストック枠増加や歩くとHPが自動回復する機能など、さまざまな要素がアプリとしてプログラムされています。主人公のレベルが上がると“アプリポイント”というものを獲得でき、このポイントを使って各種アプリをインストールしていくわけです。

 “邪教の館アプリ”や“スカウト(会話)”は最優先でインストールするとして、肝心なのはその後。限られたアプリポイントの中でどうやりくりしていくかが、悩みどころでもあり楽しい部分でもあります。何から順に取得するか、今後開放されるであろう優秀なアプリに備えて貯め込んでおくか……。

 オレの場合は、悪魔合体とスキル継承にとことんこだわりたかったので、仲魔のストック枠やスキル枠を優先的に拡張しました。変異するスキルが上質になる“スキルコンバータ”も実に魅力的で、開放された時は真っ先に取得しましたね。

 シリーズを初めてプレイする人やストーリーを早く楽しみたい人は、オートバトルで自動的に敵の弱点を突くアプリなんかがオススメと言えるでしょう。今までの基盤となるシステムや便利機能を、バロウズアプリという形にして遊びの幅を持たせる。ファンも初心者も配慮した作りはとても好印象です。


■プレスターンバトルの特性を生かして笑顔の絶えないパーティに

 今作ではプレスターンバトルに“ニヤリ”システムが搭載されてます。この“ニヤリ”は、さまざまな能力が一時的に強化されるもので、仕掛けた攻撃の属性が相手の弱点だったり、敵からの攻撃を反射したりして優位に立った場合に発動する可能性があります。

 クリティカルが発生した時は行動回数が半分で済み、攻撃を回避した時は相手の行動回数を2回分減らせるというプレスターンバトルの特性から、ニヤリ発動時のメリットはかなり大きいです。特にボス戦は、ニヤリ発動の有無が勝敗を左右すると言っても過言ではありません。

 実際に、とあるボスで20連敗ほどしたので、一度出直してから全員がニヤリとできるガチガチのパーティで挑んだことがありました。その時はもう主人公も仲魔もみんなニヤけまくり! 与えるダメージはデカイわ、ボスの攻撃は避けまくるわで、あれだけ辛かった戦いが嘘のように思えました。ま、それぐらい戦況が大きく変わるので、当然、ボスがニヤリとした場合は……。

 ちなみに、パーティメンバー全員を同時にニヤリとさせると、何かしらのサプライズがあるみたいです。何度かチャレンジしてみたのですが、残念ながら一度も成功せず。オレのリアルラックでは無理でした。


■交渉中の反応や要求に新たなパターンが追加! DARK系悪魔も会話で仲魔に

 シリーズ伝統の“悪魔会話”も、いろいろと改良されていました。根本的なところから言うと、月齢の概念がありません。また、悪魔の属性については、概念自体はあるものの表立ったシステムには影響していないようで(隠し要素に影響)、これはシリーズを初めて触る人に入りやすい作りかと思います。定番の要素がなくて少し寂しい気もしましたが、満月でうっかり悪魔に話しかけることがなくなってホッとしています。

 交渉中における悪魔の反応として“効果抜群(クリティカル)”が新たに導入されていました。これは、悪魔から質問や要求をされた時に、その悪魔が最も望んでいた答えを選ぶと発生するようです。

 悪魔が要求してくる時のパターンも増え、即決で仲魔になることを条件に多額のマッカを求めてくることがあります。こちらも効果抜群と同じく1発で仲魔にできるので、全体的に交渉がしやすくなっているように感じました。その他、こちら側の選択肢に相手の要求を“ごまかす”といったユニークなものもあります。

 それと、悪魔と会話することで経験値が入るようにもなっています。会話が長続きしたり、自分と同等のレベルの悪魔を仲魔にしたりした時は、結構な量を獲得できました。散々貢いだ挙句に悪魔に帰られるという、コントローラを噛みたくなるようなお約束の展開も多少は報われるのでは?


■育てて継承を繰り返す楽しさがさらに――シリーズの醍醐味“悪魔合体”

 強力なスキルを備えたこだわりの悪魔を作り、それら使役して強敵を打ち砕く瞬間は、まさに至高の喜び! というわけで、シリーズで最も好きな悪魔合体について、オレの心をマルカジリ……じゃなくて鷲づかみにしたポイントを紹介します。

 悪魔合体を行う邪教の館アプリには“オススメ合体”という、非常に便利な合体機能が備わっています。今現在作れる中から厳選された3件の合体パターンが表示されるので、ストーリーを早く進めたい人は重宝するでしょう。

 悪魔合体をする際、材料となる仲魔のスキルを合体後の悪魔に継承できますが、今作においては継承させるスキルを自由に選ぶことができます。つまり、弱点耐性を得意な耐性に変える、各仲魔の攻撃スキルをボスの弱点となる属性で統一させるといったことが狙いやすくなっているんです。

 また、今作では仲魔が主人公にスキルを教える“ウィスパーイベント”が追加されています。ウィスパーイベントは、仲魔がレベルアップによって習得可能なスキルをすべて覚えると発生し、所持しているスキルから好きなものを好きなだけ選んで覚えられるというものです。

 仲魔がどういったスキルを覚えるかは表示されないので、「この悪魔は実はスゴいスキルを覚えるんじゃないか?」と期待して、仲魔のレベルを手当たりしだいに上げていました。さらに、仲魔のレベルアップには“スキルの変異”や“別の悪魔に変身”といった夢がびっしりと詰まっています。このふたを開けてみるまでわからないところが個人的にドストライクで、プレイ時間の半分以上は理想のスキルをひたすら求めていましたね。


■プレイして気付いた点や今までのシリーズから変わったところ

 これまで紹介しきれなかった、気づいたことや過去シリーズから変わったところを下にまとめてみました。思っていたよりもシステム面が変わっていたので戸惑いもありましたが、総合的に複雑なシステムは簡易化されてより遊びやすくなったという感想です。

・マグネタイトが存在しない
・仲魔の召喚に費用がかからない
・ステータスは力、技、魔、速、運の5つ
・武器のタイプを変えるとダンジョン内での攻撃方法も変わる
・装備した防具が主人公のビジュアルに反映される

・防具やアクセサリはそれぞれで備わっている性能が異なる
【頭部】ステータスの上昇、HPやMPの上限アップ
【上半身】耐性に影響、HPやMPの上限アップ
【下半身】ステータスの上昇、HPやMPの上限アップ
【アクセサリ】特殊効果の付与、HPやMPの上限アップ

・特定のボス戦において度々出てくる選択肢は敵味方のステータスに影響する
・悪魔からチャレンジクエストを受けられる
・悪魔の種族に“フード”なるものが……
・カジャ系の重ねがけは3回まで
・ブフ系、ジオ系の魔法攻撃に付加効果(凍結・感電)がない
・ザン系の魔法などで仲魔が吹き飛ばされて迷子になることも


 今回、プレイしたのは20時間ほど。結構進めたつもりでしたが、すでにクリアしたライターさんの話によると、これでもまだ物語の中盤に差し掛かったばかりとのこと。チャレンジクエストなどのやり込み要素が多く、ボリュームは相当なものです。物語の作りも『メガテン』らしさがズッシリと根を張っていますので、シリーズファンの人も初めての人もぜひプレイしてみてください。

http://news.dengeki.com/elem/000/000/638/638893/

[ 2013/05/21 16:00 ] DS | CM(1) | 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/08/01 18:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
Twitter
フォロー募集!!
お勧めサイト
■小遣い稼ぎサイト(登録無料)
-げん玉
PSP自作アプリ
PSP自作アプリ
PSPプラグイン
■ pspのバッテリー消費を抑える
-PSP Power Saver v.0.0.9
■ CFWでサインアップ
-PSNLover Beta v1.1
■ PSPボタン拡張機能
-MacroFire v3.2.4
■ XMB本体情報等
-Mac Address Spoofer v4
-DayViewerForGame v7
-BrightnessFree Ver0.3
-ChangeLog Ver2.3fix
-Time Draw Ver1.2
-GetInfo Ver1.2
■ VIDEO吸い取り
-umd_dump.prx Ver. 1.30
■ FW6.20のゲーム起動
-CFW M33 6.20 Plugin
■ PSPコントロール
-PowerLocker v1.1fix2
-PspPowerController v5.2
■ いつでもシリーズ
-AlwaysUSB Ver1.6 Beta1.2
-Satellite Game Ver6.0
-ptextviewer Ver2.00beta
-SaveDataMge beta Ver0.7fix
-CustomHOME Beta 0.8.1
■ カテゴリー分別
-Game Categories Lite v1.5 Rev3
■ すばやくXMBへ
-FastExitGame 2.4.3
■ 多機能プラグイン
-PSP Stopwatch Ver1.4fix
-XMB Control for 6.XX (FreeCore) Ver1.41
-Count Up Timer Ver1.2
PCソフトベストセラー
PC周辺機器ベストセラー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。